2017
03.31

ペンキ職人の腕は養生にあり。【鏡建装工業】

コンサル活動

今日はペンキ塗装の現場へお邪魔して、ペンキ職人の作業を見学してきました。

 

「塗るのは誰にでもできるんですよ。」
「養生がきっちりできて一人前になるんです。」

 

30代半ばの若い親方に、ペンキ塗装のイロハを教えていただきながら現場を一回り。

ペンキを塗る若い職人が真剣な面持ちで作業を進めている中、塗り終えた所の養生が気になって仕方ない私がいました(笑)

 

 

以前、建設現場に清掃作業員を手配したり手伝ったりしていました。
マスキングテープを使った養生の経験もありますが、彼らの施工の正確さ・緻密さには驚きました!

隅、角はできて当たり前の世界ですが、施工面積を考慮し、最小限のマスキングで完全にカバーしています。

 

ペンキ塗装の現場でありながら、用具は整然と片付けられていて無駄がない。

家主の方と笑顔を交わし、屋内の環境にまで心配りをされている親方の姿。

仕事の合間に見せる爽やかな笑顔。

 

現場をみると、その会社がよくわかる。

そう痛感すると同時に、我が身が引き締まる思いでした。

 

◎関連記事◎
「続・ペンキ職人の腕は養生にあり。【鏡建装工業】」
http://www.okamoto-kazuo.jp/consulting/paint-craftsman-2

 

会社名 鏡建装工業(かがみけんそうこうぎょう)
住所 〒355-0321 埼玉県比企郡小川町大字小川843
電話番号 0120-915-568
事業内容 一般建築塗装
HP http://kagami-kensou.com/

 

 


ランキングに参加しております。
是非、ポチッとご支援いただけたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事の「いいね」「シェア」もいただけたら涙を流して喜びます。
是非、宜しくお願いいたしますm(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。